2015年2月24日 (火)

駅前トリオ全員が中国人に扮して大騒ぎ! いよいよフィナーレ!! 第50号「喜劇 駅前飯店」

Baku50

「駅前シリーズ」そして「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の最終巻を飾るのは、「駅前シリーズ」の異色作にして大傑作、「喜劇 駅前飯店」です。

今作の舞台は横浜中華街。
ご存じ「駅前トリオ」が珍妙なカタコトの日本語を駆使し、爆笑を生み出します。

森繁が演じるのは、東京の中華料理店のコック長“徳さん”
こと徳清波(ド・チュンポ)。フランキー堺が演じる、横浜中華街で貿易会社を経営する周四宝(シュウ・シーホー)、伴淳演じる親友の中華料理店店主“孫(まご)さん”こと孫(ソン)とともに、共同経営の中華飯店をオープンしようと準備中。

しかしそんな「駅前トリオ」に、おなじみの俳優陣が絡んでくると、やはり一筋縄ではいかないようで……。

淡路恵子は、森繁のレストランに客として訪れ、すかさず色気たっぷりで森繁に色じかけ。三木のり平は中華街の理髪店主に扮し、何かと言えば「よし、頭刈ろう!」。そして淡島千景は森繁の妻としてしっかり店を支えます。

ほかにも怪しい占い師を森光子が、その夫でこちらも怪しい仲介業者を山茶花究が演じ、喜劇を盛り上げます。

そして特筆すべきはゲスト出演の王選手。現役のプロ野球選手が本人そのままの設定で登場するシーンは必見です。

異色作にして大傑作の「喜劇 駅前飯店」。どうぞお楽しみください!

約2年の長きにわたってお送りしてきました「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」も、今号で完結です。

全巻購入特典の「クレージーメキシコ大作戦」劇場用パンフレット(復刻版)は、喜劇ファン垂涎のレアアイテムです。こちらもご応募お忘れないよう、ご注意ください!

ご愛読ありがとうございました! 

それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。


●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

お色気あり、涙あり、もちろん笑いはたっぷりと! 第49号「喜劇 駅前温泉」

Baku49
前号の「喜劇 駅前弁当」と同様、今作、第49号「喜劇 駅前温泉」も地方ロケに出発した「駅前シリーズ」ご一行。
今作の舞台は、東北のひなびた温泉街。かたや実直で真面目な温泉宿主・徳之助を森繁が、かたやお色気サービスしか頭にないスケベな温泉宿主・孫作を伴淳が演じます。

そしてそんな二人に挟まれるのがフランキー演じる、駅前温泉観光協会の事務局長・次郎。いつも二人のとばっちりを食らうばかりの損な役回りです。

奥の温泉街に最新ホテルが建設されたことで、すっかり閑古鳥の鳴いている老舗の磐梯熱海温泉。
駅前旅館の福屋の徳之助も、極楽荘の孫作も、駅前温泉観光協会の会議で人気回復に知恵を絞るが、出てくるアイデアは正反対。

しかも、徳之助の娘・夏子(司葉子)と、孫作が世話をする高見幸太郎(夏木陽介)は恋人同士であることが発覚し、二人の対立はピークに。さらに高見が実は孫作の隠し子という事実が発覚して……!?

「駅前シリーズ」のマドンナ、淡島千景が今回演じるのは、駅前の美容院の店主にしてマドンナ的存在の美容師・景子。淡路恵子は東京から駅前旅館にやってきたお色気たっぷりの役柄で、作品に華を添えます。

いつもの笑いに加えて、親子の関係を情感あふれるラストシーンで描く「喜劇 駅前温泉」。どうぞお楽しみください!

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火)

今度の「駅前シリーズ」はご当地喜劇! 浜松を舞台に三人が恋のさや当て!? 第48号「喜劇 駅前弁当」

Baku48
今度の駅前シリーズは、初の地方ロケ刊行!
浜松駅前の老舗の弁当店を舞台に、森繁久彌、フランキー堺、伴淳三郎の“駅前トリオ”が再び集結し、笑いを繰り広げます。
ロケ地の名物、うなぎ弁当はもちろんのこと、楽器やオートバイなどの産業品や、浜名湖、中田島砂丘、舘山寺温泉といった観光スポットもふんだんに紹介することで、観光映画としての魅力も作り出しています。


舞台の老舗弁当屋「互笑亭」を切り盛りする夫を亡くした女主人・景子を演じるのは、「駅前シリーズ」のマドンナ、淡島千景
今作では放蕩三昧の義弟・次郎(フランキー堺)を心配しつつも、老舗の暖簾をしっかり守る気丈な女性を演じています。そんな淡島演じる景子に夢中であれこれ世話を焼こうとするのが、森繁と伴淳の
2人。

淡島をめぐってあの手この手で相手を出し抜こうとする
2人の掛け合いは爆笑必至です。淡路恵子、坂本九、黛ひかるといったおなじみの面々も登場し、「駅前シリーズ」の盛り上げに一役も二役もかっています。

ちなみに仕出し弁当店「互笑亭」は、浜松に実在する「自笑亭」がモデル。安政元年(
1854年)から続く老舗の弁当店です。うなぎ、ハモニカ、オートレース。ロケ地やアイテムも浜松一色で、これどまさに“ご当地喜劇”といった趣の「喜劇 駅前弁当」。どうぞお楽しみください!


●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

「駅前シリーズ」第2弾! 今度はベッドタウンを舞台にあの3人が大暴れ!? 第47号「喜劇 駅前団地」

Baku47

前作「駅前旅館」から3年を経て製作された2弾「喜劇 駅前団地」が登場です。

森繁久彌、フランキー堺、伴淳三郎の“駅前トリオ”が再び集結し、タイトルに「喜劇」と冠してのシリーズ化スタートです。
高度経済成長の時代を背景に、当時モーレツな勢いで増えていた団地建設を題材に、“駅前トリオ”が大活躍します。


前作から引き続き登場の
3人に加えて、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった坂本九、売出し中の宝塚女優・黛ひかる、後年に日活で活躍する久保明の実弟・久保賢(のちの山内賢)、そしておなじみの淡島千景、淡路恵子、森光子と豪華キャストが集結しています。

舞台は東京郊外のベッドタウン。土地の古株の外科医・戸倉金太郎(森繁)と、地主の権田孫作(伴淳)、そして「高砂亭」のマダム・君江(淡路)は団地ブームに一喜一憂。
そこへ一風変わったブローカー・桜井平太(フランキー)が内科医の小松原玉代(淡島)とともに登場することで、欲とお色気がからんだ一大騒動が巻き起こっていきます。


「駅前シリーズ」の本格的スタートとなった今作の人物設定は、以降の作品に引き継がれ、安定した笑いを生み出していく原動力にもなりました。

「喜劇 駅前団地」をどうぞお楽しみください!

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

「若い季節」の続編はフレッシュな魅力が画面狭しと炸裂します! 第46号「続・若い季節」

Baku46


44号「若い季節」の続編が登場!

化粧品会社を舞台にした設定は継承しているものの、女社長役の淡路恵子以外のキャストはほとんど入れ替わっています

前作では植木等、団令子、坂本九らが実質的な主役でしたが、今作では中尾ミエ、園まり、伊東ゆかりの“スパーク三人娘”が主役に抜擢され、フレッシュな魅力を振りまいています。

前作同様、舞台は淡路恵子が率いるプランタン化粧品。このプランタン化粧品にニューフェイスとして加わった、中尾ミエ、園まり、伊東ゆかりの3人娘が若さにまかせた無鉄砲な行動で周囲を翻弄します。
3人そろっての歌と踊りが随所で披露されるお楽しみも、ミュージカル喜劇ならではの楽しみです。
そんな人娘が夢中になる「おじさま」役を演じるのは三橋達也

サン興行の社長とは知らない3人娘は、プランタン化粧品が展開する男性用化粧品の広告モデルに推薦し、見事モデルの役を射止めてしまうのですが……。

脇を固める喜劇俳優たちにもご注目!

三木のり平、藤田まこと、谷啓といった面々が、フレッシュな3人娘の魅力に花を添え、植木等も1カットだけのカメオ出演で登場。見逃せません!

娯楽映画の鬼才、古澤憲吾監督が会心の演出を見せる「続・若い季節」をどうぞお楽しみください!

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

大人気「駅前シリーズ」はこの作品から始まった! 第45号「駅前旅館」

Baku45

「駅前」という高度経済成長の象徴的な場所を舞台に、主役の3人、森繁久彌、フランキー堺、伴淳三郎が、時には友人関係、時には敵対関係などさまざまなバリエーションで、三者三様のパフォーマンスを繰り広げる「駅前シリーズ」

その記念すべき第1作が、この「駅前旅館」です

経済成長の波の中、変わりゆく上野駅前で悪戦苦闘する旅館の番頭たちと添乗員。

番頭歴30年の大ベテランで、客引きの腕は一級品な柊元旅館の番頭を森繁が演じ、虚言壁を持つ水瀬ホテルの番頭役には伴淳が。そして旅行者の添乗員にして、大学を何年も留年中の旅行社の添乗員役はもちろんフランキー堺です。

この3人のアドリブ交じりの演技合戦こそが、この「駅前シリーズ」の魅力です。そんな3人の主人公に華を添えるのが、淡島千景と淡路恵子の女優陣
番頭たちに人気の小料理屋の女将を淡島千景が、柊元旅館に研修でやってきた元芸者役を淡路恵子が艶やかに演じます。
1960年代の高度経済成長期、「社長シリーズ」とともに東宝映画の喜劇路線を支えたのが、この「駅前シリーズ」です。

森繁、伴淳、フランキーを中心に毎回繰り広げられる珍騒動は、都会的でスマートな「社長シリーズ」とは対極の雰囲気で、ウエットな人情喜劇で人気を博しました。

そんな「駅前シリーズ」の記念すべき第1作、「駅前旅館」をどうぞお楽しみください!


●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

東宝のスターが大集合したミュージカルコメディーの大作が登場! 第44号「若い季節」

Baku44

人気俳優が結集し、画面狭しと大活躍する今作「若い季節」は、1961年4月~1964年12月までNHKで放送された同名の連続ドラマ「若い季節」の映画化作品。

テレビ版の出演陣である、淡路恵子、クレージーキャッツ、坂本九らに加えて、東宝女優陣がフレッシュな魅力を追加することで、めまいがするような豪華キャストが歌って踊る、青春歌謡コメディーの傑作が誕生しました。

舞台となるのは、プランタン化粧品。
社長役の淡路恵子の魅力はもちろん、プランタン化粧品のチャームガール(販売員)を演じる浜美枝をはじめとする若手女優の瑞々しさ、そのチャームガールを束ねる主任役の植木等のスターの輝き、謎の研究者役の谷啓の可笑しさ、そして坂本九の若々しさ……さまざまな魅力が詰まった一級品のミュージカルコメディーに仕上がっています。

物語は、プランタン化粧品の新製品「ドリンク・ローズ」と同様の商品がライバルのトレビアン化粧品から先行発売されてしまうことから始まります。

社長の棚尾ケイ子(淡路恵子)は社内にスパイがいるのではないかと怪しみ、極秘捜査を命じます。さらにケイ子はパリ帰りの化粧品研究家のケン・加賀見(谷啓)と契約し、新商品「液体口紅」の開発を任せるのですが……新商品開発と新たなスパイ疑惑をめぐって、プランタン化粧品はてんやわんやの大騒ぎ。

はたしてスパイは誰なのか? 新商品「液体口紅」は成功するのか!?

スパイ騒動のほかにも、坂本九が植木等が歌いだした「ドント節」を途中から引き継いで歌ってしまい、そのお返しとばかりに植木等が「上を向いて歩こう」を歌いかえすシーンなど、ミュージカル・コメディーならではの見どころも満載の今作。「若い季節」をどうぞお楽しみください!

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

●amazon内『爆笑喜劇」特集ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

小松政夫、12月6日にトークイベントを開催!

◆小松政夫トークショー「クレージー映画&昭和の喜劇人を語る!」

来たる12月6日(土)、小松政夫さんがトークショーを行います。
前半は師匠である植木等さんとの交流をトーク。植木さんの付き人に就くまでのいきさつや、撮影現場に立ち会ったクレージー映画の裏話などを披露していただきます。
後半は小松さんが接した、森繁久彌・三木のり平ら、昭和の喜劇人の爆笑エピソードと意外な素顔をここだけの話で明かしてもらいます。
御予約は下記まで。
日時:12月6日(土) 14:00~16:00予定(13:30開場)
会場:ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
    東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビル B1F
    電話受付:03-6821-5703(月~金11:30→21:00/土11:30→20:00)
    ※定員70名様(予約制)
    ※会場はJR御茶ノ水駅から徒歩約5分のブックカフェです
参加費:1500円
主催:Espace Biblio×月刊てりとりぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コント55号シリーズ第2弾! 今度は刑事と詐欺師の追いかけっこ!  第43号「コント55号 人類の大弱点」

43

「東宝 爆笑喜劇DVDマガジン」コント55号シリーズの第2弾が登場!

今回は欽ちゃんが詐欺師、そして二郎さんが刑事に扮して、上へ下への大騒動、茶目っ気たっぷりで追いかけっこを繰り広げます。

欽ちゃんが演じるのは、詐欺師の大垂欽一。三度の飯より競輪が大好きで、詐欺なら何でも取り扱うことから、ついたあだ名が「通産省(通商産業省の略)」。

かたや二郎さんが演じるのは、隅田警察署の詐欺係の新米刑事、駒形二郎。二人が秋葉原の電気街の電気屋でばったり出会い、大垂が駒形刑事を詐欺のカモにしたことで、二人の切っても切れない関係が始まります。

詐欺師と刑事に扮して繰り広げられる二人のエピソードは、それ自体がコント55号の芸のような小気味よさ
さすがコンビだけあって、息の合った芝居を見せてくれます。手錠をかけられた欽ちゃんが二郎さんをトイレにひきずり込みで用を足したり、取調室で泣き落としでカツ丼をまんまとせしめたり、二人でしか生まれない笑いが全編に散りばめられています。

そんな追いかけっこを続けていた二人ですが、映画の後半ではある事件に際してはタッグを組むことに。悪党相手に大立ち回りを繰り広げます。欽ちゃんはすばしっこく逃げ回りながら応戦し、途中参戦の二郎さんも体格を武器に大奮闘。軽やかに舞う欽ちゃんとどっしり構える二郎さん、二人の特徴を活かしたドタバタ乱闘も見ものです。

「コント55号 人類の大弱点」をどうぞお楽しみください!

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

●amazon内『爆笑喜劇」特集ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

いよいよコント55号シリーズが登場! 第41号「コント55号 世紀の大弱点」

Baku41h1

初主演映画「コント55号 世紀の大弱点」が公開された1968年当時、コント55号の人気は結成2年にして大爆発中。

欽ちゃんと二郎さん
が生み出す、アクティブでスピーディーなコントの魅力がスクリーン狭しと展開される今作は、現在のアイドルにも負けないほどの人気を誇っていたコント55号の魅力満載のドタバタコメディーです。
週刊誌の記者・矢島周作を演じるのは欽ちゃん、同僚のカメラマン・北川洋太を二郎さんが演じ、同居している2人の寝起きから始まる冒頭のシーンから、さすがコンビと思わざるを得ない2人の息の合った芝居を堪能できます。

随所に組み込まれるコント55号のアクティブなコントが炸裂し、観ているものを飽きさせません。
記者の矢島とカメラマンの北川は、遅刻常習、作家の原稿も満足に取れない「週刊ウィークポイント」のお荷物コンビ。
いつものように作家の原稿取りに失敗した2人は、偶然拾った無名の原稿を週刊誌に掲載したところ、予想外の大ヒット!

次作を求められた2人は苦肉の策で、クラブのホステス糸美(水垣洋子)を利用して「山吹咲代」というペンネームで架空の作家をでっち上げる。しかし、代作を依頼していた原稿の持ち主・赤石銅幹(上田吉二郎)が急死。
さらに、ライバル誌「週刊ロマン」の記者・麻子(真理アンヌ)が糸美を疑い、客船にカンヅメにして「本物の山吹咲代なら短編を書いて証明しろ」と迫る。

一方の矢島と北川は小説のネタ集めの途中、密輸団に捕まってしまい、偶然糸美がカンヅメにされている部屋の隣に監禁されて……。はたして「山吹咲代」の作品は完成するのか!? そしてお荷物コンビの運命は!?
人気絶頂のコント55号の初主演映画「コント55号 世紀の大弱点」、全編で繰り広げられる若きコント55号の笑いをどうぞお楽しみください!

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、
ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

●amazon内『爆笑喜劇」特集ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«IT社会の到来を早くも予言していた!?  第40号「クレージーのぶちゃむくれ大発見」