« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

豪華絢爛、爆笑江戸絵巻! 第32号は「花のお江戸の無責任」

女にゃ弱いが男にゃ強い! これぞ天下の好い男! 花のお江戸で大暴れ!

と、当時のポスターで謳われたのは、『東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン』第32号「花のお江戸の無責任」。監督は、エノケンこと榎本健一主演作で名高い大御所・山本嘉次郎。

Baku32

クレージー時代劇の第2弾!
歌舞伎の「助六由縁江戸桜」などをもとにした本作、江戸一番の色男・古屋助六に植木等、気弱でマヌケな権八に谷啓、義理人情に厚い幡随院長兵衛にハナ肇と、絶妙な配役が光ります。

助六は、父の仇討ちを遂げるため、花のお江戸へやってきた。
そして、ついに父の仇の意休を見つけ出し……ブワ~~っと仇討ち、なるか!?

山本監督は植木等に喜劇王・エノケンのイメージをダブらせていて、戦後の無責任男・植木のことを「まるでエノケンのようだ」とベタぼめだったとか。
そして、艶やかな吉原の街を再現した絢爛豪華なセットにも目を奪われます!
まるで自分が当時の吉原にいるような気分に。
そして、目の前を花魁道中で通り過ぎる揚巻(団令子)にうっとり?
真ん丸顔の団令子の花魁がじつにチャーミング!
でも、揚巻と吉原で1、2を争う小紫(池内淳子)もさすがの艶やかさ。
浮世絵美人のような池内の美しさもタメ息もの。
アナタが通うとしたら、どちらの元へ?

助六が大活躍する花のお江戸・吉原の世界にしばし入り込んで、思いっ切りお楽しみください。

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

●amazon内『爆笑喜劇」特集ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

長崎美人と浮気旅!? 第31号は必見「続・社長漫遊記」!

温泉たまごでスタミナバッチリ 長崎美人と浮気旅! 

という古き良き昭和を感じさせるキャッチコピーが表紙に載っているのは、
『東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン』第31号の「続・社長漫遊記」

Baku31h1


そう、これは第29号の続編です。
クラブのマダム・れんこと浮気旅へ出発直前に妻のあや子が現れ仰天した
太陽ペイント社長の堂本(森繁)。しかたなく妻と別府温泉へ行くことに……。
この号でも、ジュピター社との契約締結実現のために奮闘しつつ、
その一方、社長の浮気の虫はムズムズ。

今回の出会い?は、異国情緒溢れる長崎。現れたる美女は、
売れっ子芸者の桃竜(草笛光子)! 

本作では、森繁と草笛が熱唱するオペラシーンもあり、これが見事!
さすが松竹歌劇団出身の草笛です。もちろん森繁の芸達者ぶりもさすが。

そして、相思相愛2人の恋は、はたして実るのでしょうか?
今回もスゴ~イ展開が待っています!!

さらに、「今回の宴会芸」も、三木のり平師匠がノリノリ
なんともまぁ、可愛らしい(?)ことといったら……。


本作は1963年(昭和38年)に、黒澤明監督の大作『天国と地獄』と
2本立てで公開され、三船敏郎×森繁久彌という、東宝2大スターの
コラボレーションで大ヒットしました。

博多→別府→佐世保→長崎→雲仙→島原の観光名所をめぐるロケーション
楽しく、旅行気分になることうけあいです!!

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »