« 植木等が日本を売りとばす!? 戦後の歴史を振り返るドキュメンタリー喜劇!! 第38号「日本一の裏切り男」 | トップページ | IT社会の到来を早くも予言していた!?  第40号「クレージーのぶちゃむくれ大発見」 »

2014年9月26日 (金)

スタッフ・キャストが大集合の豪華フィナーレは必見! 第39号「続・社長紳士録」

39

37号の「社長紳士録」の続編、第39号「続・社長紳士録」登場です。

今作は当初、「社長シリーズ」最終作として作られたため、ラストシーンでは「社長シリーズ」のスタッフ・キャストが大集結しています。「社長シリーズ」はこの作品の後にも、全国の映画館主から終了を惜しむ声が上がり、シリーズは継続することになりましたが、「社長シリーズ」の頂点ともいえる作品です。

37
号の「社長紳士録」で大正製袋の社長に就任した小泉礼太郎。
新潟と東京を往復しながら取引の拡大に奔走しつつも、いつもの浮気の虫が騒ぎだす……演じるのはもちろん森繁久彌です。

そんな社長の浮気の虫のせいで、濡れ衣を着せられる秘書課長・原田は小林桂樹、総務課長にして宴会部長の猿丸は三木のり平、営業部長・富岡は加東大介と、いつものメンバーそろい踏みです。

社長室でこの4人が揃ってのシーンはこれぞ「社長シリーズ」という名シーン。4人4様、丁々発止の演技は必見です。

そしてその社長室にも乱入してくるのが、「社長紳士録」にも登場した日本澱粉の社長・日当山。鹿児島弁を自在に操るフランキー堺の怪演、特に三木のり平との絡みは爆笑必至です!


出張先の新潟を舞台に暴れまくる社長の浮気心を受け止めるのは、新潟芸者・菊千代。新珠三千代が演じる菊千代の魅力には、社長でなくても鼻の下が伸びてしまいそうです。

しかし最終作といえども、満たされないのが社長の浮気心。今作でも「あと少しで……」という絶妙のタイミングでやっぱり邪魔が入ります。結局、社長の浮気失敗の記録は継続することに……。


ストーリーの終盤では、見事に親会社である大正製紙の社長に就任した森繁久彌。社長就任にあたり、世界視察旅行に出かけることになります。そして件のラストシーンでは、その視察旅行へ旅立つ社長夫妻の歓送パーティーが行われます。「蛍の光」の合唱の中、シリーズゆかりの面々が集結する特別なラストシーンは必見です。


「社長シリーズ」の頂点ともいえるラストシーンはもちろん、レギュラーメンバーの丁々発止のやりとりが楽しめる「続・社長紳士録」をどうぞお楽しみください!


●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、
 ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

●amazon内『爆笑喜劇」特集ページ

|

« 植木等が日本を売りとばす!? 戦後の歴史を振り返るドキュメンタリー喜劇!! 第38号「日本一の裏切り男」 | トップページ | IT社会の到来を早くも予言していた!?  第40号「クレージーのぶちゃむくれ大発見」 »

編集部日記」カテゴリの記事

コメント

「続社長紳士録」楽しませて頂きました。
ブックレット12頁のフィーナーレのキャスト紹介で最後の方、記平佳枝さんではなく旭ルリさんではないでしょうか。
「社長紳士録」で半玉さんの役で出てらしたですね。「社長道中記」の女中さん「あたし年寄りの趣味はありませんねん。」が印象的で、気になっている女優さんです。

投稿: | 2014年10月11日 (土) 10時02分

コメントご投稿ありがとうございます。

確認いたしましたところ、ご指摘いただいた通り、記平佳枝さんではなく旭ルリさんです。

謹んでお詫びし、訂正させていただきます。


今後も「東宝 爆笑喜劇DVDマガジン」をよろしくお願いいたします。

投稿: 編集部 | 2014年10月14日 (火) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852635/57495669

この記事へのトラックバック一覧です: スタッフ・キャストが大集合の豪華フィナーレは必見! 第39号「続・社長紳士録」:

« 植木等が日本を売りとばす!? 戦後の歴史を振り返るドキュメンタリー喜劇!! 第38号「日本一の裏切り男」 | トップページ | IT社会の到来を早くも予言していた!?  第40号「クレージーのぶちゃむくれ大発見」 »