« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月26日 (金)

スタッフ・キャストが大集合の豪華フィナーレは必見! 第39号「続・社長紳士録」

39

37号の「社長紳士録」の続編、第39号「続・社長紳士録」登場です。

今作は当初、「社長シリーズ」最終作として作られたため、ラストシーンでは「社長シリーズ」のスタッフ・キャストが大集結しています。「社長シリーズ」はこの作品の後にも、全国の映画館主から終了を惜しむ声が上がり、シリーズは継続することになりましたが、「社長シリーズ」の頂点ともいえる作品です。

37
号の「社長紳士録」で大正製袋の社長に就任した小泉礼太郎。
新潟と東京を往復しながら取引の拡大に奔走しつつも、いつもの浮気の虫が騒ぎだす……演じるのはもちろん森繁久彌です。

そんな社長の浮気の虫のせいで、濡れ衣を着せられる秘書課長・原田は小林桂樹、総務課長にして宴会部長の猿丸は三木のり平、営業部長・富岡は加東大介と、いつものメンバーそろい踏みです。

社長室でこの4人が揃ってのシーンはこれぞ「社長シリーズ」という名シーン。4人4様、丁々発止の演技は必見です。

そしてその社長室にも乱入してくるのが、「社長紳士録」にも登場した日本澱粉の社長・日当山。鹿児島弁を自在に操るフランキー堺の怪演、特に三木のり平との絡みは爆笑必至です!


出張先の新潟を舞台に暴れまくる社長の浮気心を受け止めるのは、新潟芸者・菊千代。新珠三千代が演じる菊千代の魅力には、社長でなくても鼻の下が伸びてしまいそうです。

しかし最終作といえども、満たされないのが社長の浮気心。今作でも「あと少しで……」という絶妙のタイミングでやっぱり邪魔が入ります。結局、社長の浮気失敗の記録は継続することに……。


ストーリーの終盤では、見事に親会社である大正製紙の社長に就任した森繁久彌。社長就任にあたり、世界視察旅行に出かけることになります。そして件のラストシーンでは、その視察旅行へ旅立つ社長夫妻の歓送パーティーが行われます。「蛍の光」の合唱の中、シリーズゆかりの面々が集結する特別なラストシーンは必見です。


「社長シリーズ」の頂点ともいえるラストシーンはもちろん、レギュラーメンバーの丁々発止のやりとりが楽しめる「続・社長紳士録」をどうぞお楽しみください!


●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、
 ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

●amazon内『爆笑喜劇」特集ページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

植木等が日本を売りとばす!? 戦後の歴史を振り返るドキュメンタリー喜劇!! 第38号「日本一の裏切り男」

38

終戦の玉音放送を無視して特攻させられた日の本太郎が、マッカーサーと焼け野原の東京に帰還……

そこから始まる日の本太郎のハチャメチャ人生を、戦後の歴史史実を織り交ぜながら描き出す今作
日本一の裏切り男は、「日本一シリーズ」の中でも異彩を放つ異色作です。

口八丁手八丁、戦後の日本をたくましく生き抜く無責任男・日の本太郎を演じるのはもちろん植木等。

あるときは闇市のボスから物資を横取りし、あるときはパチンコ玉買占めを狙う、そして最後は日本全部を居抜きで売ろうとする……次々と金儲けのアイデアをひねり出す男を飄々と演じています。

そしてそんな日の本太郎に翻弄されるのは、ハナ肇演じる大和武。

特攻隊の隊長として日の本太郎を特攻に送り出したのが縁で、その後の人生ずーっと日の本太郎に関わることになります。

闇市のボスや建設会社の社長になった先でも、なぜか日の本太郎に絡まれ、結局は日の本太郎が創業したオールセールス社に入社し、いつのまにか主従関係が逆転する始末。

シリーズ唯一の植木等-ハナ肇のコンビスタイルにも注目です。

そして今作のヒロインを演じるのは、やっぱりこの人、浜美枝です。

特攻に向かう日の本太郎に操を捧げ、その後は生きて戻ってきた日の本太郎を付け狙う日見子の屈折した愛情を見事に演じています。

三つ編みに日の丸ハチマキといった軍国少女スタイルから、ショートカットに色つきトンボ眼鏡の女社長スタイルまで、さまざまなコスプレ(?)で魅力全開です。


そのほかにも、クレージーキャッツのメンバーはもちろん、理容師役で出演するいかりや長介はじめ、ドリフターズのメンバー全員が出演していたり、古今亭志ん朝、なべおさみ、小沢昭一、牟田悌三、常田富士男、藤田まこと、渡辺篤などなど、豪華共演陣が大集合!


戦後の混乱の時代をバイタリティ豊かな無責任男が駆け抜ける!

日の本太郎の大活躍はもちろん、日の本太郎と不思議な縁で結ばれた「二ノ宮金次郎の銅像」にもどうぞご注目ください
!!


●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、
 ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

●amazon内『爆笑喜劇」特集ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »