« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

「若い季節」の続編はフレッシュな魅力が画面狭しと炸裂します! 第46号「続・若い季節」

Baku46


44号「若い季節」の続編が登場!

化粧品会社を舞台にした設定は継承しているものの、女社長役の淡路恵子以外のキャストはほとんど入れ替わっています

前作では植木等、団令子、坂本九らが実質的な主役でしたが、今作では中尾ミエ、園まり、伊東ゆかりの“スパーク三人娘”が主役に抜擢され、フレッシュな魅力を振りまいています。

前作同様、舞台は淡路恵子が率いるプランタン化粧品。このプランタン化粧品にニューフェイスとして加わった、中尾ミエ、園まり、伊東ゆかりの3人娘が若さにまかせた無鉄砲な行動で周囲を翻弄します。
3人そろっての歌と踊りが随所で披露されるお楽しみも、ミュージカル喜劇ならではの楽しみです。
そんな人娘が夢中になる「おじさま」役を演じるのは三橋達也

サン興行の社長とは知らない3人娘は、プランタン化粧品が展開する男性用化粧品の広告モデルに推薦し、見事モデルの役を射止めてしまうのですが……。

脇を固める喜劇俳優たちにもご注目!

三木のり平、藤田まこと、谷啓といった面々が、フレッシュな3人娘の魅力に花を添え、植木等も1カットだけのカメオ出演で登場。見逃せません!

娯楽映画の鬼才、古澤憲吾監督が会心の演出を見せる「続・若い季節」をどうぞお楽しみください!

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

大人気「駅前シリーズ」はこの作品から始まった! 第45号「駅前旅館」

Baku45

「駅前」という高度経済成長の象徴的な場所を舞台に、主役の3人、森繁久彌、フランキー堺、伴淳三郎が、時には友人関係、時には敵対関係などさまざまなバリエーションで、三者三様のパフォーマンスを繰り広げる「駅前シリーズ」

その記念すべき第1作が、この「駅前旅館」です

経済成長の波の中、変わりゆく上野駅前で悪戦苦闘する旅館の番頭たちと添乗員。

番頭歴30年の大ベテランで、客引きの腕は一級品な柊元旅館の番頭を森繁が演じ、虚言壁を持つ水瀬ホテルの番頭役には伴淳が。そして旅行者の添乗員にして、大学を何年も留年中の旅行社の添乗員役はもちろんフランキー堺です。

この3人のアドリブ交じりの演技合戦こそが、この「駅前シリーズ」の魅力です。そんな3人の主人公に華を添えるのが、淡島千景と淡路恵子の女優陣
番頭たちに人気の小料理屋の女将を淡島千景が、柊元旅館に研修でやってきた元芸者役を淡路恵子が艶やかに演じます。
1960年代の高度経済成長期、「社長シリーズ」とともに東宝映画の喜劇路線を支えたのが、この「駅前シリーズ」です。

森繁、伴淳、フランキーを中心に毎回繰り広げられる珍騒動は、都会的でスマートな「社長シリーズ」とは対極の雰囲気で、ウエットな人情喜劇で人気を博しました。

そんな「駅前シリーズ」の記念すべき第1作、「駅前旅館」をどうぞお楽しみください!


●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

東宝のスターが大集合したミュージカルコメディーの大作が登場! 第44号「若い季節」

Baku44

人気俳優が結集し、画面狭しと大活躍する今作「若い季節」は、1961年4月~1964年12月までNHKで放送された同名の連続ドラマ「若い季節」の映画化作品。

テレビ版の出演陣である、淡路恵子、クレージーキャッツ、坂本九らに加えて、東宝女優陣がフレッシュな魅力を追加することで、めまいがするような豪華キャストが歌って踊る、青春歌謡コメディーの傑作が誕生しました。

舞台となるのは、プランタン化粧品。
社長役の淡路恵子の魅力はもちろん、プランタン化粧品のチャームガール(販売員)を演じる浜美枝をはじめとする若手女優の瑞々しさ、そのチャームガールを束ねる主任役の植木等のスターの輝き、謎の研究者役の谷啓の可笑しさ、そして坂本九の若々しさ……さまざまな魅力が詰まった一級品のミュージカルコメディーに仕上がっています。

物語は、プランタン化粧品の新製品「ドリンク・ローズ」と同様の商品がライバルのトレビアン化粧品から先行発売されてしまうことから始まります。

社長の棚尾ケイ子(淡路恵子)は社内にスパイがいるのではないかと怪しみ、極秘捜査を命じます。さらにケイ子はパリ帰りの化粧品研究家のケン・加賀見(谷啓)と契約し、新商品「液体口紅」の開発を任せるのですが……新商品開発と新たなスパイ疑惑をめぐって、プランタン化粧品はてんやわんやの大騒ぎ。

はたしてスパイは誰なのか? 新商品「液体口紅」は成功するのか!?

スパイ騒動のほかにも、坂本九が植木等が歌いだした「ドント節」を途中から引き継いで歌ってしまい、そのお返しとばかりに植木等が「上を向いて歩こう」を歌いかえすシーンなど、ミュージカル・コメディーならではの見どころも満載の今作。「若い季節」をどうぞお楽しみください!

●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

●amazon内『爆笑喜劇」特集ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »