« お色気あり、涙あり、もちろん笑いはたっぷりと! 第49号「喜劇 駅前温泉」 | トップページ

2015年2月24日 (火)

駅前トリオ全員が中国人に扮して大騒ぎ! いよいよフィナーレ!! 第50号「喜劇 駅前飯店」

Baku50

「駅前シリーズ」そして「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の最終巻を飾るのは、「駅前シリーズ」の異色作にして大傑作、「喜劇 駅前飯店」です。

今作の舞台は横浜中華街。
ご存じ「駅前トリオ」が珍妙なカタコトの日本語を駆使し、爆笑を生み出します。

森繁が演じるのは、東京の中華料理店のコック長“徳さん”
こと徳清波(ド・チュンポ)。フランキー堺が演じる、横浜中華街で貿易会社を経営する周四宝(シュウ・シーホー)、伴淳演じる親友の中華料理店店主“孫(まご)さん”こと孫(ソン)とともに、共同経営の中華飯店をオープンしようと準備中。

しかしそんな「駅前トリオ」に、おなじみの俳優陣が絡んでくると、やはり一筋縄ではいかないようで……。

淡路恵子は、森繁のレストランに客として訪れ、すかさず色気たっぷりで森繁に色じかけ。三木のり平は中華街の理髪店主に扮し、何かと言えば「よし、頭刈ろう!」。そして淡島千景は森繁の妻としてしっかり店を支えます。

ほかにも怪しい占い師を森光子が、その夫でこちらも怪しい仲介業者を山茶花究が演じ、喜劇を盛り上げます。

そして特筆すべきはゲスト出演の王選手。現役のプロ野球選手が本人そのままの設定で登場するシーンは必見です。

異色作にして大傑作の「喜劇 駅前飯店」。どうぞお楽しみください!

約2年の長きにわたってお送りしてきました「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」も、今号で完結です。

全巻購入特典の「クレージーメキシコ大作戦」劇場用パンフレット(復刻版)は、喜劇ファン垂涎のレアアイテムです。こちらもご応募お忘れないよう、ご注意ください!

ご愛読ありがとうございました! 

それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。


●「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」の詳しい情報、ネット書店リンクは公式サイトをご覧ください。

|

« お色気あり、涙あり、もちろん笑いはたっぷりと! 第49号「喜劇 駅前温泉」 | トップページ

編集部日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852635/59049170

この記事へのトラックバック一覧です: 駅前トリオ全員が中国人に扮して大騒ぎ! いよいよフィナーレ!! 第50号「喜劇 駅前飯店」:

« お色気あり、涙あり、もちろん笑いはたっぷりと! 第49号「喜劇 駅前温泉」 | トップページ